ゆとり世代と関わって

世の中、ゆとり世代がはびこっている話はよく聞く。
しかし、私たちの世代はそんなに関わることもないだろうと思ってた、
それが.......

同じ地区に家を建てて越して来たBさん(30代)
先日ゴミ当番の表を作って配った、わからない事は電話をして下さいと電話番号も書き添えた。

そしたら、今朝早くBから電話が......
「ちょっといいですか?
きのう表をもらったんだけど、時間の指定が書いてないので困るんですけど........」

「それは、各班で話し合って決めて下さいと書いてあったはずですが........」

私たちの地区は24世帯ある、それを5班に分けてゴミ当番をすることになっているのだけど、
いくら日曜日でも皆が休みと限らないし、都合の悪い時間帯もあるだろう、
なのでそれは斑の中で、話し合って下さいということなのだけど、そのBは

「まだ引っ越してきて何年もたってなくて、近所の人の顔も家も分からないのに
どうやって話し合うんですか?」
始めから時間指定した表を配って下さいと少々喧嘩腰、

はぁ〜?なんで私がそこまでしないといけないのよ
と、もちろん言わないけど、とりあえず検討すると言って電話を切った。

そして、その斑の班長さんの所へ相談に、
その班長さんも、なんで組長がそこまでしないといけなんだと
やはりB のことを批難した。

まず、自分から聞いて教えを請う謙虚さがないし、
地区のお世話をしてくれている人への感謝の気持ちがない。
自分たちから地区にとけ込もうという気持ちがないし、努力をしょうとしないのも嫌。

これをゆとり世代と言ってしまうのもなんだが、
なんでも、こちらがお膳立てしないと行けないのはこの世代の特徴らしい。

親はどんな育て方したんだ、
親御さんはご立派な?宮司さんらしいです。
by keikom32m | 2015-07-04 12:48 | Trackback
トラックバックURL : https://keikom32m.exblog.jp/tb/24654992
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 天神祭「宵の市」へ行った 夏風邪 >>