山ガール

昨今、「森ガール」「山ガール」が現れて、
その手の雑誌やらが次々創刊され、その人達のファッションが話題になり
ファッション雑誌でもページを割かれてる。

そこへ来て、「富士山の世界遺産登録」だ。
さぞかしこれからは、富士山に山ガールがおしかけることだろう。

富士山と言えば、以前勤めていた会社の男性で、
もう定年退職をしたんだけど、何でも富士登山を目指しているという
話を聞いた。

えっ?何で富士山なの?
富士山ってそんなに簡単に登れるの?
愛媛には、西日本一の石鎚山があるではないか、それじゃダメなの?
と思ったのだけど、何でも日本男児、一生に一度は富士に登らなければ
ならないそうな。

夏の富士山は楽勝で登れると聞いた事があるけど、
それはあくまでも、経験者であって初心者とか初心者に毛が生えたくらいの
人は楽勝でもないらしい。

酸素は薄くなるし、足下は砂利で結構体力を使う物らしいのです。

それからしばらくして、無事富士山に登ったらしい事をきいて
はたまた、本当に頂上に登ったんだろうか?
五合目当たりの山小屋に泊まって帰って来たのではないかと
ちょっと意地悪な事を思ってしまった。

私と言えば、運動なんて全然ダメ、体力も見るからになさそうに
見えるのだけど、今までの人生で四度の登山経験がある。

その中には石鎚登山もあるけど、登山の良さは登った人にしかわからない。
[PR]
by keikom32m | 2013-06-28 08:53


<< 男のケチについて ストリートビュー >>