<   2012年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

もう、ほっといてくれ。

毎日ジムに通っていることは、何度も書いてきたけど、
人見知りの私でも、毎日通っていると挨拶や世間話ぐらいはする間柄に
なる人は何人かできる。

が、なんか最近うざい。
時間的に年輩の人が多いのだけど、
最初は何気ない世間話でも、だんだん説教臭くなってくるのがだめ。
そして、自慢話へと変わっていく。(特におじさん)

ようは話を聞いてほしいんだろうけど、
限られた時間の中での5分や10分はとても貴重。

こういうの上手くかわせればいいのだけど。
やっぱり、昔のように話しかけるなオーラを放とう。
うんと愛想悪いやつでいよう。
そう私はペルパーやコンパニオンではないのだ。
それが簡単にできたら苦労はしないんだけどね。


b0147856_9431065.jpg

[PR]
by keikom32m | 2012-06-29 09:46

肩に違和感

最近よく降る雨。
今年は台風もたくさんくるらしい。

話は変わって、最近腹筋なんぞ始めたら背中の張りが気になって、
腰にも違和感を覚え......なんだかこんな言い方すると、
いけてないプロ野球の選手みたいだけど、ほんとにそうなんです。

夕べは脇腹のつっぱりを感じ夜中に目が覚めた。
そのうち、肉離れを起こすんではないかと思う。

よく戦線離脱するプロ野球の選手の言い訳集みたいでしょ。
投げて、打って、走ってそれでお金もらってんだから
ちょっとした違和感やらで仕事放棄してどうすんだ
と、低迷しているチームを応援してるとつい思ってしまう。

さて、私は脇腹を痛めようが、肩に違和感を覚えようが、
家事は誰も変わってくれないので、腰に湿布でも貼って草むしりでも
しなくちゃね。

あ〜優秀なトレーナーがほしい。


b0147856_9555562.jpg


この前行った、小豆島の道の駅、小豆島オリーブ公園のギリシャの風車です。
ここからの眺めが最高でした。
[PR]
by keikom32m | 2012-06-22 10:01

小豆島の旅の続き

小豆島で滞在したホテルは、ベイリゾートホテル小豆島。
海が一望できる素敵なホテル。

ここで頂いた夕食が凄かった。
何が凄いって、もちろん美味しかったのですが、その量が半端なく多くて、
小豆島の名産全て頂けたという感じ。


b0147856_944383.jpg


本日の四品から始まって、瀬戸内鮮魚の諸味和え、地魚の西京焼、オリーブの素麺、
茶碗蒸し、天ぷら、とっくり蒸し、海鮮諸味仕立て、香川県産ひのひかり米
お汁、小豆島名産の佃煮、デザート。

b0147856_9494519.jpg


食事も美味しかったのですが、次に気に入ったのが、ホテルの大浴場。
最上階にあって、夜は24時まで、朝は6時から入れるので、私は3回も入った。
夜は殆ど貸し切り状態だったので、夜空を眺めながら露天風呂にも入った。

お陰で早起きができ、少し早めにホテルを後にし観光へ。

まずマルキン醤油記念館へ。
b0147856_956168.jpg
b0147856_9562122.jpg


このマルキン醤油記念館は有形文化財にも登録されているということで、
とても歴史を感じる建物でした。
記念館ではお醤油のお土産もついてます。

小豆島と言えば、醤油の他にソーメン、あとオリーブ。
次は道の駅小豆島オリーブ公園へ。

b0147856_1083039.jpg


そして、最後はエンジェルロードへ。
小豆島と海に浮かぶ島が潮が引くと繋がり、エンジェルロードが出来る。
一日2回潮が引くそうで、引き潮の時間は道の駅のオリーブ公園に掲示されてました。


b0147856_1039860.jpg


若いカップルとみられる男女が多く、絵馬に二人の将来を書いて
近くの木に括りつけて願をかけていた。
結ばれるといいわね〜
男同士のグループなんかもいたのですが、あの人達は婚活でしょうかね?

マイカーで島をあちこちできたこともあって、
今回の旅は、小豆島を十分堪能できたのではないでしょうか。
[PR]
by keikom32m | 2012-06-15 10:40

小豆島の旅

先日、またまたポイントを利用して旅行へ行ってきた。
目的地は小豆島。
今回は、自ら運転をしフェリーを乗り継いで島に渡った。
運転をするようになって初めてのこと。

初日は台風の影響もあって、雨模様。
が、車なので移動はスムーズだ。

着いてまず、向かったのは「二十四の瞳映画村」
ここは、田中裕子主演の映画「二十四の瞳」のロケ地として使われたところ。
壷井栄文学館もあります。


b0147856_113675.jpg


b0147856_114058.jpg


b0147856_1151054.jpg


b0147856_1155259.jpg



私より上の世代の人は、高峰秀子さんの「二十四の瞳」を懐かしむ人が多いそうで、
私たちの世代は、やはり田中裕子でしょうか、もっと若い世代の人だと黒木瞳に
なるのでしょうかね。

映画館では高峰秀子さん主演の「二十四の瞳」が上映されてました。

ここで腹ごしらえのため、映画村内のCafe シネマ俱楽部へ。

b0147856_11154941.jpg


ここで醤丼セットを頂きました。
醤がとっても美味しかった、やっぱり小豆島だ。
そうそう、この小豆島は二十四の瞳も有名だけど、「八日目の蝉」のロケ地でもあり
カフェには、そのとき永作博美や井上真央が着用した衣装も展示されています。


まだまだ続く.....
[PR]
by keikom32m | 2012-06-08 11:23

ETCがついた

やっと、私の愛車にもETCがついた。
少し運転にも慣れ、これで少し遠出もできる、きゃっ!!

さて、まずは何処へいきましょう。
最近、先日の倉敷の日帰り温泉旅行のような、ちょっとした小旅行に凝っている。

日帰りってちょっとしんどいけど、普段の生活からすこし離れて、
場所と環境を変えるだけでも、結構なリフレッシュになるもんです。

そこでの、地元の人とのやりとりも、なかなかステキなもの。

先日の倉敷旅行では、備前焼の湯のみを買おうと入ったお店のおばあちゃんが、
何処から来たかと聞くので、愛媛から来たと答えると、
随分懐かしみながら、昔話を始めた。

おばあちゃんの実家は、紡績関係の会社を営んでいて、
そこへ愛媛の今治から女工さんをヘッドハンティングしてきたらく
この女工さんが、とても腕のいい女工さんで、
おばあちゃんの家からお嫁にも行ったそうです。

おばあちゃんも随分可愛がってもらったらしく、
その話をしながら昔を思い出し、涙まで浮かべていた。

せっかく愛媛から来たのだからと、湯のみも少しまけてくれたし、
こういう縁もなかなか素敵です!

b0147856_9424770.jpg


この前、高速を走って愛媛の三間町まで行ったとき買った三間米。
三間米は美味しいと評判通り美味しかった。
久しぶりにおいしいお米を頂いた。
また買いに行かなくては、高速道路をぶっ飛ばして。
[PR]
by keikom32m | 2012-06-01 09:48