<   2011年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

おしっこの臭いが........

ふぅ〜最近嫌な思いをすることが多いです。

先日健康診断を受けて来た。
健康診断って嫌ですよね、まぁ好きでたまらないと言う人はいないと思うけど。
バリュウム飲んだり、うんち採ったり、お乳挟まれたり。

それでも、何でもなければ、それで良し良しになるわけだけど、
再検査とか、経過観察なんかになったりすると、もうがっくりです。

何年か前まで健康診断を怠っていたら、病気になって、その時オットに
そら見た事かと言われ、なんか随分傷ついた。
その、そら見た事かには、ざまぁみろみたいなニュアンスも含まれていたと思う。
ほんとに嫌なヤツだ。

あっそうそう、健康といえば、
何年か前から、時々おしっこの臭いが気になる事があった。
おしっこだから、そりゃ臭うこともあるだろうが、明らかに何か違う成分の臭い。

何か病気でも潜んでいるんではないかと心配しながら、そのままにしておいた。
が、先日その臭いの原因が判明したのだ。

角田光代の「今日もごちそうさまでした」というエッセイを読んでいたところ、
アスパラガスについて書いている項があって、それによると、
アスパラを食べると、おしっこがアスパラ臭くなるんだそうです。

ならない人もいるんだそうだけど、アスパラに含まれるアスパラギン酸が
新陳代謝をうながす効果があるらしく、利尿作用もあって臭うのだそうです。
アスパラギン酸には疲労回復の効果もあるらしくて、臭うといことは
アスパラギン酸がしっかり作用しているのですね。

試しに、日曜の朝アスパラを炒めて食べたら、お昼頃のおしっこは
しかっりプンプン。
お〜感激、しっかり働いて私の疲労を回復しておくれ。


b0147856_1043160.jpg

[PR]
by keikom32m | 2011-09-30 10:07

競輪初体験

生まれて初めて、競輪場に足を踏み入れた。

女性にも競輪を楽しんでもらおうと、市と新聞社が主催でひらいた
「競輪コンシェルジュ」に参加するために。

このコンシェルジュに参加するまで、競輪なんて全然興味なかった。
「競輪コンシェルジュ」なんてあるのも知らなかった。
が、友達に誘われて、無料だっていうし、軽い気持ちで参加したのだった。

競輪場が見える室内で実際競輪を見ながら講習を受けたのだけど、
少しずつわかるにつれて、面白くなってきて、これはちょっとやばいぞ、
はまりそうだぞ。

今回のコンシェルジュで良かったのは、普段絶対見る事が出来ないところまで
見学させてもらえたこと。

ギャンブルなので、不正があってはならないという理由から、
競輪選手は、競輪場の宿泊施設に入ると絶対だれとも接触出来ない決まりが
あって、携帯も預けなくてはいけないし、外に出る事もできない。
なので、絶対選手と口をきかない、触らないということを条件に
施設を見学させてもらった。
なんだか貴重な体験だった。

それが終わると、地元出身の競輪選手とのトークショーがあり
最後は、実際の競輪を見ながら一番の選手を当てるクイズがあった。
これで、みごと当てた私は豪華?記念品をゲットできたのでした。


競輪ってね、頭を使うギャンブルなんだけど、いくら頭を使って予想しても
実際走ってみないとわからないというところがあって、そこがギャンブル
なんだけど、100円から賭けられるからちょっと遊び気分でやるのも
いいかもしれない。

あくまでも遊び心でね........

b0147856_14495036.jpg
b0147856_14492721.jpg
b0147856_1449084.jpg

[PR]
by keikom32m | 2011-09-23 14:52

言葉には気をつけねば。

最近、つくづく考えさせられる事があって.....
それは何かと言うと、先日「死の町」発言で辞任した大臣がいたけど
あれって、そんなに問題なんですかね。

私にはそんなに問題に思えないんだけど.....
いくら考えても、方向をかえて考えてみても何でこんな騒ぎになるのか、
やっぱりわからない。
メディアでもゴーストタウンって表現よくしてたし....

もしかして、私の性格や考え方がおかしいのではないだろうかと、悩んでいたけど
私と同じように思っている人が他にも沢山いると知って安心した。

私がもし地元の人間なら、悲惨な状況を多くの人に知ってもらおうと
同じような表現をしたかもしれない。

最近わかったことは、世の中には物事を平面でしか捉えられない人と
幅と奥行きで捉えられる人がいるんだなということ。

私もこのことでよく失敗するよな。
誰かが悩んでいて励ます時、「頑張ってねぇ〜」と言うより
自分の経験やら、こうしてみたらとか言って一生懸命になるんだけど
結局「頑張ってねぇ〜」のほうが人は励ましてくれてありがとうになる訳だ。

ほんと、人付き合いは大変だ、
言葉には気を付けねば。



b0147856_11344720.jpg

[PR]
by keikom32m | 2011-09-16 11:42

ピラティスに挑戦

毎日のウオーキングのことは前にも書いたと思う。
毎日、3キロのウオーキングと簡単な筋トレをしているのだけど、
毎日同じ事をやってても進展がない。
そろそろ、一歩を踏み出さねば。

そこで、ピラティスをやってみることに。
プログラムを見ると、初心ピラティスとある、楽勝じゃん。
初めてのスタジオである。

人数は20人程度。
年齢も私より上の人ばかりだし、こりゃいいわ。
が、始まって5分で後悔した。

とにかくきつい!
ピラティスというのは、体の中心を使うインナーマッスル。
なので常に、お腹と呼吸を意識してなくてはいけないのですね。
これがかなりきつくて........
私意外の人は、もう慣れているのか徳に苦しい様子はなく
先生のかけ声で次々とこなして行く。

それと、先生がとってもきびしくて......。
なんかスパルタで、出来ない上に先生がとても厳しいから
心が折れそうで、もう次は絶対やらない、もういい.......

しかし、効果はあるんだなと思った。
やっている最中、お腹がぐるぐると鳴りだして、やばいと思ったくらいだから。

やらないと思ったけど、効果はありそうだしなぁ〜
うん、来週考えよう。


b0147856_13355413.jpg

[PR]
by keikom32m | 2011-09-09 13:37

フェルメールからのラブレター展

バスツアーで今、京都美術館で開かれている
「フェルメールからのラブレター展」に行って来た。

朝5時半に起き、7時のバスに乗って愛媛から京都まで約6時間。
松山自動車道を通り、淡路島に渡りそして神戸から京都へ。
その間、3回のトイレ休憩があり、
途中のパーキングエリアに届けられた弁当を、バスの中で食べ
12時半に美術館に到着。

お土産をみたりする時間なんてない、当たり前だフェルメールの絵を鑑賞するのが
目的なんだから。
それでも絵を鑑賞する時間だけは十分にとられてあった。

フェルメールの絵、やっぱり感動です。
今回は「手紙を読む青衣の女」が修復後、世界で初じめて公開されて
話題になっている。

フェルメールの使う青い色は、ラピスラズリを砕いた顔料のウルトラマリンで
とても奇麗なブルー。
それと、フェルメールの作品の特徴は光を取り入れていること。
これはレンブラントの影響かな?
陰影の表現がとてもすばらしいと思った。

もう一つの特徴は手紙を書いている絵が多いこと。
フェルメールの時代は、手紙を書く事は芸術と認識されていたみたい。

でもすごいですね、300年前にオランダで描かれた絵が
今、日本の京都で鑑賞出来るなんて、やっぱりここまで来る甲斐があります。

帰りは、1時間程スイーツバイキングってのがあったのだけど、
バスの到着が遅れ、慌ててケーキやらコーヒーやらを頂いたら
帰りのバスの中で、胸の辺りが気持ち悪くなって最悪でした。

せっかくいい絵を鑑賞したのだから、ゆっくりお紅茶など
いただきながら、フェルメ−ルについて語りたいものです。


b0147856_1074716.jpg

b0147856_1084469.jpg

[PR]
by keikom32m | 2011-09-02 10:12