<   2011年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

星守る犬

このところ、体調がすぐれない。
なんとか快適に過そうと、いろいろ努力はしているのだけど、
まぁ、家にいると何かとイライラすることばかり、
もしかしたら、私を追いつめて殺そうと考えているんではないかと思うくらい。

そんな中、映画を観た「星守る犬」。
またまた動物ものなんだけど、これがとってもいい映画で
途中から涙なくしては見れないほどだった。

ストーリーはいたってシンプル。
リストラされたお父さんが、家族にもみはなされ
残った飼い犬「ハッピー」と車で、東京から北海道まで旅する物語。

旅の途中で色んな人達との関わりや、
お父さんと、ハッピーとのやり取りも、とても面白かった。
最後の方は、お金がなくなってホームレスになったお父さんとハッピーとの
生活が切なくて、もう涙がとまりません。
回りからも、すすり泣く声が......

でも何故が、最後は爽快な気分にもさせてくれる映画で
いつも思う事だけど、ああ犬が飼いたい.....
ほんと、犬って可愛がってやるとなつくし、無垢だものね。


b0147856_1135149.jpg

[PR]
by keikom32m | 2011-06-17 11:36

アンパンマンミュージアム

高知と言えば、思い出されるのはやはり、桂浜、はりまや橋、龍河洞、坂本龍馬
そんなところでしょうか。
しかし、もう一つ忘れてはいけないのが、アンパンマンミュージアム。

ここ高知は、アンパンマンの作者やなせたかし先生の出身地。
高知県は香美市にそのミュージアムはあります。
高知駅から電車とバスを乗り継いで45分くらいだそうです。

ミュージアムに着くといきなり、入り口で巨大なバイキンマンが出迎えてくれます。
館内で撮った写真が使えないのが残念だけど、ミュージアムの回りにも
沢山のアンパン人形がいて楽しませてくれます。

全て子供向けかと思っていたけど、やなせたかしギャラリーコーナーでは
イラストや、原画なども見られて、親世代の人たちも楽しめるし、見る価値があると
おもう。
ほんと夢があってかわいいイラストがいっぱいだった。

ミュージアムから少し上に行くと、やなせたかし記念館があって
そのそばに、やなせたかし記念公園がありここに、やなせうさぎの石碑が
あります。
ちょっと笑っちゃいますけど、この遊び心がやなせさんらしいかな。



b0147856_138214.jpg

この前、高知城に上ったのはいつだったっけ?
そうそう、小学校6年生の時の修学旅行だった。
あのころ こんなにしどかったっけ?
この高知城は天守閣と大手門が、一つのパーツに収まる、珍しいお城だそうです。
ほんとに、ばっちり収まった。

やっぱり高知で外せないのが、はりまや橋。
うっかりしていると、見逃してしまいそう。


b0147856_13213856.jpg

[PR]
by keikom32m | 2011-06-04 13:25

高知の旅、竹林寺、宿

牧野植物園のそばに、四国霊場三十一番札所、竹林寺がある。
せっかくなので寄ってみることにした。
境内に入ると、ほんのりお線香の香りが漂って、何人かのお遍路さんがお参りをしていた。
それで、やっぱりここは札所なんだなと実感できる。
ここには立派な五重塔もある。
道中無事でありますようにと手を合わせ、先へ。


b0147856_1051323.jpg


私が愛読している雑誌に、ここのオーナーとホテルが紹介されていて、
そのホテルというのが高知にあると知って、いつか高知へいったら、
こんな素敵なホテルに泊まってみたいなぁ〜と思っていたので、ホテルはすぐに決まった。
「7day's Hotel」

ビジネスホテルだから、料金はとってもリーズナブル。
しかし、とってもおしゃれ。

ここのオーナーの方が、アートが好きで、ロビーには草間彌生の作品や彫刻が
飾られ、食器やタオル、パジャマまでオーナーの方が丁寧に選んだそうです。

それと、面白いのがHPでも紹介されているけど、例えばとっても仲の良いお友達と
隣同士の部屋を取っても、中はドアで繋がっているので、起きているときは
ドアを開け放ちお互いの部屋を行ったり来たりしながら過ごせるのです。
そして寝るときはドアを閉めて、自分の部屋で眠れるようになっているから、
イビキの心配もないし、寝付きが悪くったって気にせず
夜更かししたりお風呂にも入れて、連れの心配をせず過ごせる訳ですね。
すごいでしょ?

朝は簡単な軽食が付いていて、朝日が燦々と入ってくるロビーで食べられます。
女子会の旅行におすすめです。


b0147856_11204183.jpg

[PR]
by keikom32m | 2011-06-03 11:26

高知の旅、牧野植物園

当たり前のことだけど、温室は暖かい。
この季節だと、室内にしばらくいると、じわっと汗ばんで来る。

しかし、この温室には立派な滝があってマイナスイオンをふんだんに放出し、
色鮮やかな熱帯植物がトロピカルな気分させてくれるのです。

入り口の脇にあったテーブルではご夫人が、花の絵の絵手紙を広げ、
お互いの作品を批評しあってたりして、まるで女子会みたで楽しそう。
それから写真を撮ったり、写生をしたりしている人もいたりして、
ああしばらくここでぼけ〜っとしていたい。

が、心配な雨が降ってきそうなので先を急ぐ事に。
ほんと沢山の珍しい種類の植物が植えてあって、よく手入れもされていたよな。


b0147856_11584733.jpg



b0147856_11583132.jpg

[PR]
by keikom32m | 2011-06-01 12:02